読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲生活180

最強の「ブサイク・デブ・ハゲの盾」が勝つか、最強の「禁欲の矛」が勝つか。オナ禁開始180日目から始まる日記。

電車効果に関する所感(計測開始3ヶ月~4ヶ月)

 

はたして、世間で囁かれている「電車効果」は本物か?

気になったので自分の身をもって数えてみました。

計測開始後3ヶ月~4ヶ月の間の中間報告です。

 

※記事の更新日を2014/3/30にしていますが、

 記事の並び順を調整するためのものです。

 計測自体は2016/4/13~2016/5/12に実施しています。

 

 

計測対象とする電車通勤時の状況は下記の通りです。(前回と変わり無し)

  • ほぼ毎日、同じ時間に同じ車両の同じ扉から乗っています。
  • 男女比は大体6:4~7:3くらいで男性の方が多い。
  • 大多数はたぶん社会人。たまに大学生っぽい人がちらほら。
  • ざっと見た感じ60~70%くらいの人がスマホいじってます。
  • スマホ見てる人の大半は、周りはおろか前すら見ていません。
  • 乗っている人たちは男女ともに毎日だいたい同じ顔ぶれ。
  • 電車に乗った時点ではそこまで混んでない。
  • 座るのはムリだけど立つ場所は選べる。
  • 降りる駅につく頃にはかなりの満員状態。

 

実測時の条件は下記の通りです。

  • 毎日同じ車両の同じ扉から乗り、同じような場所に立つ。
  • 最初に周りを囲まれた時点で男女比を見る。
  • テストステロン値が最も高いといわれる朝に見る。

 

で、実際に数えてみた結果が下図です。

f:id:kinyoku180:20160517231434j:plain

開始3ヶ月~4ヶ月の間で測った結果は、男女比31:35でした。

(休日やダイヤ乱れのときは対象外にしています。)

%表記にすると47%:53%です。

計測開始からの合計だと61%:39%です。

前述のようにざっとみた車内全体の男女比が6:4~7:3ですから、

この1ヶ月は大幅に女性側に偏りました。

 

仮に全体比を7:3と仮定すると、

この1ヶ月は20%以上のブレが出ていますので、

相当な偏りと言えます。

 

この結果をどうみるか?

今月は先月以前とうって変わって大幅な偏りが見受けられました。

この結果をどう見るかは非常に難しいところですが、

下記のいずれかではないかと考えています。

 1.計測開始からの累計で見ると全体比相応のため、偶然の産物。

 2.世間で言われている「電車効果」が発動していた。

 3.電車効果とは関係のない別の要因で偏った。

個人的には1.か3.と言いたいところですが・・・。

数字はもの凄くはっきりと結果を示してくれていますね。

この1ヶ月限定の数字を見る限りでは2.の可能性も否定できません。

 

「女性が寄ってくる」事はあったか?

今月に関してはかなりの頻度でありました。

ただ、それが私に寄ってきているのか別の要因かは不明です。

どちらにせよ断言するに足る根拠がありません。

 

今後は数字を見るだけでなく、

「今回のような結果を招く他の要因はないのか」

について、慎重に観察かつ考える必要があると思います。

  

計測開始後4ヶ月時点の結論

計測開始以降のトータルで見るとギリギリ全体比相応に収まっています。

この1ヶ月の大幅な偏りは無視できる結果ではありませんが、

他の要因を検討することも無く「電車効果だ!」と決め付けるのは

少々短絡的ではないかと考えています。

 

ヒューマンウォッチングがてら、

他の要因がないかも意識して観察を続けます。