読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲生活180

最強の「ブサイク・デブ・ハゲの盾」が勝つか、最強の「禁欲の矛」が勝つか。オナ禁開始180日目から始まる日記。

電車効果の由来

オナ禁271日目。

 

「し・・・信じられん。ま、まさかあの電車効果がこの眼前に・・・」

「知っているのか?」

「うむ」

 

 

電車効果・・・

その由来は遥か昔、中国三国志の時代まで遡る。

蜀の軍師、諸葛亮が"木牛"と呼ばれる四輪車の荷車を発明した事は有名だが、

当時未開の地だった南蛮への遠征に備えて

木牛の車輪を強化した"電車"を極秘裏に発明していた事はあまり知られていない。

 

遠征は"電車"の活躍により兵站を安定させた蜀の勝利で終わったが、

諸葛亮は和平交渉に臨んだ南蛮の将軍に"電車"を譲ったとされている。

 

その南蛮の将軍の名は府栄、字は魯門という。

蜀の軍師として名高い諸葛亮相手に舌戦を繰り広げ、

和平のみでなく戦利品を勝ち取った府栄を一目見るべく、

南蛮の若い女性達は"電車"に乗って帰国した府栄に大挙したとされる。

 

その様を見た勇猛な南蛮の将軍達は内心穏やかではなく、

「あれは府栄ではなく電車に大挙しているのだ。これも孔明の罠だ」

と断定し、喜ぶ府栄を"電車効果"と嘲ったのが由来である。

 

ちなみに異性を引き付ける物質「フェロモン」の語源は

ギリシャ語の「pherein」とホルモンを意味する英語「hormone」の

合成語であるという説が有力だったが、

最近では南蛮の将軍「府栄・魯門(フエイ・ロモン)」が

語源であるという説が支配的である。

 

民明書房刊『新説三国志・南蛮遠征』より。*1

 

--------------------------------------

 

今日の電車効果は男女比3:2でした。

これで合計172:95です。(64%:36%)

 

*1:全てフィクションです。思いつきで書きました。若い皆様、元ネタわからなかったらすみません。