読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲生活180

最強の「ブサイク・デブ・ハゲの盾」が勝つか、最強の「禁欲の矛」が勝つか。オナ禁開始180日目から始まる日記。

300日を達成して見える世界(心境・価値観・世界の変化編①)

オナ禁303日目。

 

昨日に引き続き、「300日を達成して見える世界」シリーズをお送りします。

 

前回同様に巷で囁かれているオナ禁効果から落とし込むのではなく、

私自身の心境の変化から落とし込む形で書きますので、

世間一般のオナ禁効果からは少し外れたものがあるかもしれません。

 

二日目は心境・価値観・世界の変化について。

これ自体がすごく長くなったので今日明日の二回に分けてアップします。

それでは早速いってみましょう!!

 

 

1.怒りの沸点がおかしくなった

 

以前:頭に来る用件は多かったが沸点は高め。

現在:頭に来る用件は少ないが沸点が非常に低い。

 

最近は「公共の場で周りの迷惑を顧みない人」に対する沸点が

異常なほどに低くなっています。

例えばタバコやごみのポイ捨て、路上の唾吐き、路上の"ながら"スマホ。

電車の中で言うと座席で無駄に足を広げてスペースを取りまくる人。

あとは割り込みですかね。

 

周りに迷惑をかけておきながら筋の通らない言い訳に終始する人もNGに。

「言い訳はどうでもいいので今後どうするのかを説明してください」

と言いながら早々に相手の話を遮りそうになります。

 

以前はそれほど気にならなかったんですけどね。

別に直接文句を言ったりするわけではありませんが、

その対象を軽蔑の眼差しで見ている事が自覚できるレベルに。

すぐに怒る自分自身も含めて反面教師として扱うように心がけています。

 

ちなみにこれ、私自身が被害を受けた時だけではなく、

知らない人が被害を受けている時も同じです。

 

 

2.自然と笑顔が出るようになった(気がする)

 

以前:無理やり作ったような笑顔だったと思う。

現在:話しながら自然に笑顔になれるようになった。

 

以前はひどくぶっきらぼうだったと自分でも思っているのですが、

最近は話しながら自然に笑顔が作れるように。

知人相手ではなくショップの店員さん相手のときが顕著ですね。

我ながら、いつからこんな笑顔が作れるようになったんだと不思議です。

 

 

3.お店でお金を払うときやカードを渡すときの仕草が変わった

 

以前:ぶっきらぼうにキャッシュトレイに置いていた

現在:小銭は種類を分けて数えやすいように並べて置く。カードは手渡す。

 

いつからかよくわかりませんが、少なくともオナ禁開始以降に

気がついたら丁寧に渡すようになっていました。

カードはどうなんでしょうね。

受け取った流れでそのままレジに通せるようにと

裏表や向きも考えて渡しているつもりなんですが、

トレイに置かれた方が楽だったらゴメンナサイ。

 

以前は私の方が酷い態度だったせいもあるでしょうけど、

女性の店員さんから釣銭やカードを渡されるときに

手渡しじゃなくてキャッシュトレイにポイッって置かれることが多かったです。

こちらが差し出した手をスルーしてキャッシュトレイに置かれた事もあり。

 

ちなみに最近は女性の店員さんからも愛想よく手渡されるようになりましたが、

これもオナ禁効果とか特別な事とかではなく、

「明らかにおかしい」が「普通」になっただけだと思います。

 

無論、店員さんが男性でもこちらの対応は変わりません。

 

 

4.瑣末な事にこだわらなくなった。

 

以前:細かい事にもこだわる事が多かった。

現在:大局に影響がないならどうでもいいと思うようになった。

 

元々持っていた適当さに磨きがかかった感じです。

これが良いのか悪いのかは謎・・・。

唯一つ言えるのは、細かい事は気にしなくなったので

私自身の精神面だけを見れば好影響を与えてくれています。

(小さなことで思い悩んでストレスを感じる事がなくなった)

 

 

5.心配や悩みがものすごく減った。

 

以前:小さい事でいつまでもクヨクヨしたり悩むことが多かった

現在:悩んでも結果が変わらないならさっさと忘れるようになった。

 

以前は「もしxxになったらどうしよう」「○○に失敗したらどうしよう」など

いちいち細かい事を心配したり悩んだりしていたのですが、今は

「悩んでる時間があるなら悩まないで済むように手を打った方が良い。

 打つ手が無いのなら悩んでも結果は変わらないので、悩むのは時間の無駄」

と思うようになりました。

 

精神面で強烈なほどに好影響を与えてくれています。

抱えていた精神的負担の大半が消えました。

世の中、わりとどうにでもなるものです。 

 

 

6.お金の使い方が変わった。

 

以前:自分の体にお金を使うのはもったいない。生きてればOKと思ってた。

現在:自分に自信を持てるレベルに引き上げるための投資はケチらない。

 

身だしなみであったり体のケアであったり、そういう部分については

「やっても無駄」と思ってしまう部分がありました。

どうせやってもブサイク・デブ・ハゲの三重苦だし、

何をやっても大して変わるものじゃないだろうと思っていたんですね。

 

でも、オナ禁後は改善する意識が芽生えてきました。

ダイエットのための投資(エアロバイクや各種サプリやプロテインなど)や

繊維腫を取る為に形成外科(結構良いお値段がした!)に行ったり、

お口のケアで歯医者に通うようになったり。

どれをとっても以前なら考えられない事です。

 

考えられない事といえば、

我ながら一番ありえない変化だったのは寄付の話ですね。

あんなこと、オナ禁前なら100%やってないと断言できます(笑

 

同時に、最近懐が寂しくなってきているのも

気のせいではないと思います・・・。

 

 

7.人生仕事が全てじゃないと思うようになった。

 

以前:自分の時間を捨ててでも会社のために働くべき。

現在:そんな事より自分の時間を重視。

 

以前はとにかく必死で働いていたのですが、

今はそんな事よりも自分を磨く事と心身のメンテナンスを重要視するように。

 

就職してから仕事の時間が人生の大半を占めるようになりましたが、

仕事は生きていくための費用を稼ぐ手段であって、

生きる目的ではないと考えるようになりました。

(仕事がすごく楽しくてそれが生きがいと言えるならそれもいいと思います)

 

仕事で凄く厳しい状態になったとき、

以前なら思い悩んで休みの日も全く気が休まらなかったのですが、

「なんで仕事ごときのためにこの私が悩まなきゃいけないんだ。アホくさい」

と思うようになりました。

いいのか悪いのかよくわかりませんね!

 

 

8.自分の周りを見るようになった。

 

以前:自分に関係がない事は徹底的に無関心。

現在:自分に関係がなくても周りの動向を見るようになった。

 

例えば電車に乗ったときですね。

以前は自分の周りしか見ていなかったのに、

最近は少し離れたところの人の動きや吊り広告を見るなど、

情報収集をするようになりました。

周りの情報や変化に興味を持ち、

取り込もうという姿勢が出来たというべきでしょうか。

 

日によって話の面白い・面白くない(すみません!)はあると思いますが、

なんだかんだ言いつつブログの更新が5ヶ月続いているのもそのせいです。

以前だったら「書くネタが無い」とかいってすぐに放り出してました。

周りの情報を取り込む事で、自然に書くネタがストックされていってます。

 

 

ここまでのまとめ

 

自分とその周りに興味を持つようになった反面、

どうでもいいことに対する割り切りも半端無く早くなった気がします。

総じて、精神面の負担はかなり減ったと感じます。